歯科コラム

Column

インプラント治療に向いてない人|金山デンタルクリニック|岡山市北区北長瀬駅の歯医者

インプラント治療に向いてない人

インプラント治療に向いていない人の特徴

いつも当院の医療コラムをご覧いただき誠にありがとうございます。今回はインプラント治療に向いていない方の特徴というタイトルです。インプラント治療は、歯を失った方が失った歯を補うための治療です。治療では外科手術が必要となります。また、自由診療となりますので治療費も一本で約40万円程度になります。
そのようなインプラント治療ですが、インプラント治療に向いている方と、向いていない方がおられます。
今回はインプラント治療に向いていない患者様の特徴を医学的観点と院長の今までの経験に基づいてお伝えしたいと思います。最後までよろしくお願い致します。

インプラント治療とは

インプラント治療とは、具体的にどのようなことをするのか簡単に解説します。インプラント治療は、歯を失った時に行う治療方法の1つです。歯のないところの顎の骨にチタン製のネジ(インプラント体)を植え込みます。植え込んだチタン製のネジは、一定期間経つと骨とくっつきます。骨とくっついたチタン製のネジに被せ物を装着することでお食事ができるようになります。

インプラント治療に向いていない方の特徴

では本題のインプラント治療に向いていない方の特徴について述べていきたいと思います。

①ちゃんと歯磨きをしない人
インプラントはとても感染に弱いと言われています。歯磨きをちゃんとしないと、インプラント粘膜炎やインプラント周囲炎と呼ばれる病気を発症してしまいます。最悪の場合、インプラントが揺れてきて撤去しなくてはいけなくなります。また、インプラントを埋入する手術をする時にも口腔内が汚い状態では安全に手術することができません。インプラントを希望される方は、正しく歯磨きができるようにならないといけません。

②全身疾患のある方
インプラント治療は必ず外科手術が必要になります。全身の健康状態に問題がある方は、安全に手術ができない場合があります。現在治療中の病気がある方は、必ず主治医に伝えましょう。

③喫煙者
インプラント治療と喫煙の相性は最悪です。喫煙は、血流を悪化させるため手術の治りが悪くなったり、インプラント周囲炎のリスクにもなります。インプラント治療を検討されている方で喫煙者の方は禁煙をお勧めします。

④インプラント治療に対する理解不足
インプラント治療に対する知識が不足されている方は要注意です。インプラント治療におけるメリットやデメリットだけでなくインプラント治療の限界などを治療を受ける前に十分理解しておかないと、後で後悔することになってしまいます。
主治医からの説明をしっかり聞いて、わからないことは質問をすることをお勧めします。主治医から、インプラント治療に関する説明が少ない場合は要注意です。インプラント治療を受けるときには、しっかり説明をしてくれる病院を探しましょう。

⑤歯周病のある方
歯周病のある方は、歯周病を治してからでないとインプラント治療を受けることはできません。歯周病がある状態で、インプラント治療を行うとインプラント周囲炎を引き起こすリスクが非常に高くなってしまいます。インプラント埋入手術でも感染する可能性が高くなりますので細心の注意が必要です。
歯周病があると診断されている方は、しっかり歯周病を治してからインプラント治療を受けるようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回紹介した内容は、絶対にインプラント治療ができないというわけではありませんので、該当される方は、主治医に相談をしてみてください。当院でも、しっかりをカウンセリングをして、インプラント治療を行う場合があります。しかし、上記の点は注意をしないとインプラント治療で大変な思いをする可能性があるんです。
できる限り、インプラント治療で後悔をしていただきたくないので今回あえて紹介させていただきました。
インプラント治療は歯を失ってしまって、美味しくお食事ができない方にとっては素晴らしい治療方法です。第二の永久歯とも言われているほど、快適になんでも噛めるようになります。
インプラント治療でお悩みの方は、岡山市北区北長瀬・問屋町にあります金山デンタルクリニックへお気軽にご相談ください。

金山デンタルクリニック
岡山市北区辰巳23-106
086-236-8249
24時間WEB予約可能です

矢印