インビザライン(マウスピース矯正)について

今回はマウスピース型矯正装置、特にインビザラインについて解説します。
近年、矯正治療の需要は高まっており、特にマウスピース型の矯正装置の人気は大変高くなっています。
マウスピース型の矯正装置は、目立たずに矯正治療ができるため近年特に世界中で需要が高まっています。
マウスピース型矯正装置には、ワイヤー矯正とは異なる点がいくつかありますので今回解説させていただきます。矯正治療でお悩みの方は参考にされてみてください。

マウスピース型矯正とは

マウスピース矯正とは、一般的な矯正で用いられるブラケットやワイヤーを歯に装着せず、マウスピースを使って歯並びをきれいにする矯正治療です。現在、日本を含め世界中でインビザライン※というマウスピース型装置が広く普及しており、透明な素材で目立たず、周囲に気づかれることなく矯正治療が受けられるという特徴があります。
取り外しが可能で、普段通りに食事や歯みがきをすることもできます。1日20時間以上の装着が必要となりますが、金属アレルギーの心配や、ワイヤーの外れ、ブラケットによる痛みといったトラブルはなく、矯正期間中も快適に過ごしていただけます。マウスピース矯正は、通常のワイヤー矯正と比べて、患者さんのご協力(自己管理)と医師の診断能力が大きく影響してくる治療です。

インビザラインとは

1997年に米国アライン・テクノロジー社により開発されたマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置で、日本では2006年2月より導入がスタートしました。インビザラインでは、綿密なシミュレーション(計画)により作製された治療段階ごとのマウスピースを装着し、少しずつ歯を動かして歯並びを矯正します。インビザラインはマウスピース型装置の中で最も歴史があり、治療実績も一番多いシステムになります。治療の準備段階で3D治療シミュレーション(クリンチェック)があり、治療終了後の歯並びをご自身でチェックできることも利点です。

マウスピース矯正に向いている方

・歯並びにコンプレックスがある方

・人前で話すことが多い方

・周囲に矯正を気づかれたくない方(矯正装置が見えることに抵抗がある方)

・痛みや違和感の少ない矯正をご希望の方

・矯正装置による金属アレルギーが心配な方

・矯正装置によるむし歯リスクが心配な方

・毎日20時間以上きちんと装着できる方

マウスピース型矯正に適した症例

マウスピース型矯正治療を行う前には、歯型の模型や、CT、セファロ分析などを用いて診査を行い治療計画を考えます。その際、マウスピース型矯正装置でちゃんと治療ができるのか診断する必要があります。現在、インビザラインは改良を重ね、ほとんどの症例で使用が可能となっていますが以下の症例が一般的にインビザラインで推奨されている症例になります。場合によってはインビザラインで治療をするよりもワイヤーで治療したほうが良い時もありますので主治医としっかり相談して治療を決めてください

・非抜歯で治療が可能な症例

・歯根の移動が必要ない症例

・ブラケット(ワイヤーを使用した治療)による最終治療が可能な症例

・1日20時間以上、マウスピース型装置の装着が可能な方

まとめ

今回はマウスピース型矯正装置について解説させていただきました。矯正には興味があったけど、ブラケットやワイヤーが目立つのが嫌だった方、裏側矯正だと費用が高くなり断念された方には、マウスピース型矯正装置はお勧めです。しかし、マウスピース型矯正装置は完璧な装置ではありません。しっかりと自分で使用しないと十分な効果は得られませんし、最初の医師の診断が誤っていても治療の効果は出ません。中には、マウスピース型矯正装置ではうまく治らない歯並びの場合もあります。矯正をする場合には、矯正方法の希望を病院に伝えることは大事なのですが、何が何んでもマウスピースでないといけないという考え方はかえって危険かもしれません。しっかりと歯科医師と相談して治療を開始することをお勧めします。矯正治療は何度もやり直しができる治療ではありません。このブログを読まれた方が、矯正治療で後悔しないことを心から望んでいます。
当院ではワイヤー矯正、マウスピース型矯正両方に対応しており、術前にはしっかり診査・診断をし、患者様の希望をお伺いしながら安心して矯正治療を行っていただけるよう心がけております。
矯正治療のことでお悩みの方は、岡山市北区北長瀬 問屋町エリアの金山デンタルクリニックまでお気軽にご相談ください。セカンドオピニオンにも対応しております。

岡山市 北区 北長瀬 問屋町 辰巳 歯科矯正 マウスピース インビザライン 表側矯正


関連記事一覧

PAGE TOP