矯正治療で使用するアンカースクリューとは?

今回は矯正治療で使用するアンカースクリューについて解説します。
アンカースクリューとは矯正治療で使用する医療用のチタン製のネジのことを言います。
アンカースクリューを使用することで、矯正治療の期間を短縮させたり、治療方法の新しい可能性を広げる素晴らしい治療方法です。

アンカースクリューとは

アンカースクリューとは医療用のチタン製のネジです。直径や1.4㎜から2.0㎜で長さは6.0㎜から10㎜のものを使用します。矯正治療用アンカースクリューはチタン製なので、歯科用インプラントと同じで金属アレルギーの心配はなく生体に優しい素材です。

矯正用アンカースクリューの使い道

矯正治療とは歯槽骨の中を歯を微弱な力で動かして歯並びを整える治療です。
矯正治療の特徴には反作用が影響しています。歯を動かす場合には、動かす歯と反対の力が違う歯に加わるのです。例えば、出っ歯を治療する時には、前歯を後ろに引っ込めるのですが、反対に奥歯には前に動く力が加わるのです。この現象を利用してわざと奥歯を前方に移動させて奥歯の噛み合わせを整えることもありますが、奥歯を動かしたくない時もあります。そのような場合に矯正用のアンカースクリューを使用するとスクリューを固定源にして前歯だけに力を加えることができるのです。
このように、特定の歯だけに力を加えたい時や、絶対に動かしたくない歯がある場合に使用します。

矯正用アンカーを利用して奥歯を歯茎の中に押し込んでいる写真

矯正用アンカースクリューの設置方法

アンカースクリューの設置を行う際には事前にレントゲンでスクリューの設置する位置を確認します。
スクリューの設置を行う時には、歯茎に麻酔をします。麻酔は局所麻酔で歯茎の表面にだけ効かせます。
スクリュー自体の設置時間は10分程度で終わります。その後レントゲンで歯根にスクリューが当たっていないか確認をすれば終了です。術後の痛みは数日で治りますので、痛み止めを服用すれば大丈夫です。
アンカースクリューは2〜3週間で炎症がおさまり、力を加えることができます。
稀に、アンカースクリューが脱落することがあります。その場合には、期間を開けたり、場所を変えて設置のやり直しを行います。
アンカースクリューを取り除く時には、麻酔も必要なく簡単に取り除くことができます。

矯正用アンカースクリューの利点

・従来法では難しかった方向への歯の移動ができるようになる
・ヘッドギアなどの頭にかぶる装置を使う必要性がなくなる (患者さんの治療への協力が最小限になる)
・歯を抜かずに矯正が可能になることがある
・外科矯正治療を回避できることがある
・治療期間が短くなる

矯正用アンカースクリューの欠点

・稀に脱落することがある
・歯根にスクリューが当たることがある

まとめ

今回は矯正用アンカースクリューについて解説しますた。アンカースクリューを使用することで、以前よりも治療期間が短くなったり、より良好な結果を得ることができるようになります。
当院では、より安全にアンカースクリューを設置する前にレントゲンではなくCTを撮影します。
また術後の感染を予防するために、事前のブラッシング指導や歯周病治療をしっかりと行なっております。
安心して矯正用アンカースクリューの治療を受けていただけます。
矯正治療を受けようか検討されている方は、ぜひ当院までご相談ください。

関連記事一覧

PAGE TOP