インビザラインの治療の流れ

今回は、マウスピース型矯正装置のインビザラインで治療を行う際の治療の流れについて解説します。
当院での治療の流れになりますので、これから矯正治療を受ける方、または悩んでおられる方は是非参考にされてみてください。

インビザラインについて

 ※インビザライン:1997年に米国アライン・テクノロジー社により開発されたマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置で、日本では2006年2月より導入がスタートしました。

マウスピース矯正とは、一般的な矯正で用いられるブラケットやワイヤーを歯に装着せず、マウスピースを使って歯並びをきれいにする矯正治療です。インビザライン※というマウスピース型装置が広く普及しており、透明な素材で目立たず、周囲に気づかれることなく矯正治療が受けられるという特徴があります。取り外しが可能で、普段通りに食事や歯みがきをすることもできます。

特にインビザラインでは、綿密なシミュレーション(計画)により作製された治療段階ごとのマウスピースを装着し、少しずつ歯を動かして歯並びを矯正します。1日20時間以上の装着が必要となりますが、金属アレルギーの心配や、ワイヤーの外れ、ブラケットによる痛みといったトラブルはなく、矯正期間中も快適に過ごしていただけます。インビザラインはマウスピース型装置の中で最も歴史があり、治療実績も一番多いシステムになります。

インビザライン治療の流れ

1.カウンセリング

まず、歯並びのお悩みや治療に関する疑問などを丁寧にうかがうことから始まります。そして、マウスピース矯正の治療内容やメリット・デメリット、費用などを説明いたします。歯の矯正には複数の治療法があるので、選択に迷われることもあるかと思います。最終的に選択されるのは患者さんご自身ですが、選択のための詳しい説明や豊富な選択肢をご提案し、最適なご決断ができるようなカウンセリングを心がけています。疑問や不安があれば、どんな小さなことでもご質問ください。

2.精密検査

一口に歯並びが悪いと言っても、患者さん一人ひとりでお口の状態は異なります。精密検査では口腔内検査のほかにレントゲン撮影、顔や口内の撮影を行い、精密に歯並びやお口の状態を把握します。

3.治療計画のご説明・治療シミュレーション

精密検査の結果をもとに作成した治療計画についてご説明します。どのくらいの期間をかけて、どのくらいの力で歯を動かしていくのか、治療のシミュレーションを行います。ここでも気になる点や疑問点がございましたら些細なことでもご質問ください。

4.マウスピース型装置の発注

治療を決定された場合、米国アライン社に患者さんの資料を送付しカスタムメイドのマウスピース型装置を発注します。アライン社では歯の移動予測イメージをもとにして、治療に必要なプラスチック製のマウスピースを作成します。マウスピースの数はケースによって異なりますが1人あたり20~60個の範囲です。完成には3週間程度を要します。

5.矯正治療の開始

マウスピース型装置が届いたら治療開始です。歯の動き具合に合わせて少しずつマウスピースの形を変えていき、目指す位置まで歯並びを整えていきます。1つのマウスピースで0.3ミリずつ歯が移動するように設計されており、7日〜10日ごとにマウスピースを交換しながら治療を進めます。1日に装着する時間は20時間以上です。

6.保定期間を経て治療終了

目指す位置まで歯が動いたら、その状態を維持できるように保定を行います。一定期間保定を行ったら、矯正治療は終了です。

まとめ

今回はインビザラインの治療の流れについて解説しました。
インビザラインは目だたずに矯正治療ができる素晴らしい矯正のシステムです。特に、インビザラインはマウスピース型矯正の中でも最も歴史とノウハウがあるシステムです。
治療の流れをしっかりと守って治療を行えば素晴らしい結果を得ることができます。
当院でも多くの方が、インビザラインシステムで美しい歯並びを手に入れておられます。
歯並びにお悩みの方はぜひ当院までお気軽にご相談ください。

関連記事一覧

PAGE TOP