インビザライン アライナー(マウスピース)の交換時期について

今回はインビザライン(マウスピース型矯正装置)のアライナーの交換時期について解説しようと思います。インビザラインは1997年に米国アライン・テクノロジー社により開発されたマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置で、日本では2006年2月より導入がスタートしました。
マウスピース型矯正では、世界中で最も認知されている信頼性、品質の高いメーカーになります。
当院では、マウスピース型矯正ではインビザライン、インビザラインgoを使用していますので、安心して治療を受けていただくことができます。
マウスピース型矯正の特徴は、患者様ご自身で複数枚のマウスピースを交換しながら歯を動かしていく点にあります。今回は、マウスピースの交換時期についてどのようにすれば良いのか解説しますので、これからマウスピース矯正をしようか悩まれている方はどうぞご参考にしてみてください。

インビザライン(マウスピース型矯正)の特徴

 マウスピース矯正とは、一般的な矯正で用いられるブラケットやワイヤーを歯に装着せず、マウスピースを使って歯並びをきれいにする矯正治療です。インビザラインというマウスピース型装置が広く普及しており、透明な素材で目立たず、周囲に気づかれることなく矯正治療が受けられるという特徴があります。取り外しが可能で、普段通りに食事や歯みがきをすることもできます。

インビザラインでは、綿密なシミュレーション(計画)により作製された治療段階ごとのマウスピースを装着し、少しずつ歯を動かして歯並びを矯正します。1日20時間以上の装着が必要となりますが、金属アレルギーの心配や、ワイヤーの外れ、ブラケットによる痛みといったトラブルはなく、矯正期間中も快適に過ごしていただけます。インビザラインはマウスピース型装置の中で最も歴史があり、治療実績も一番多いシステムになります。治療の準備段階で3D治療シミュレーションがあり、治療終了後の歯並びをご自身でチェックできることも特徴です。

マウスピース(アライナー)の交換時期

インビザラインにおけるマウスピース(アライナー)の交換時期は1週間〜2週間とされています。
アライナーの交換時期は、年齢や歯の動かす量、方向によって変わります。
矯正における歯の動くスピードには個人差があります。年齢が若い方が一般的には歯の動きが早いとされています。歯の動きの種類によっても歯の動くスピードは変化します。矯正では、歯が動きやすい動きとそうでない動き方があるのです。例えば、歯を倒すような傾斜移動は比較的移動しやすい動きになります。逆に、歯を骨に押し込むような動き(圧下)は時間のかかる動きとされています。
特にインビザラインにおいては、奥歯を後方に移動させる動きや、歯を回転させる動きには時間がかかる苦手な動きとされています。このような動きの場合には、とくに一日の装着時間を長くし、装着期間も長くする場合があります。
患者さんのアライナーの装着時間も大きく影響を与えています。アライナーは一日の装着時間が長いほど効果が出ます。一日の装着時間が短いと、交換時期は長くなります。
このように、マウスピース(アライナー)の交換時期は、症例ごと、タイミングごと変わるのものなのです。

まとめ

今回はインビザライン(マウスピース型矯正装置)のマウスピースの交換時期について解説しました。現在治療中の方や、これから治療を始める方はぜひ注意していただきたい内容なります。
マウスピース(アライナー)交換時期は、患者さん自身が勝手に決めてはいけません。症例ごとに主治医の決めた交換時期をしっかりと守ってください。マウスピース(アライナー)の交換時期が早すぎると、思い通りに動きません。マウスピースの作り直しが必要になる可能性もあります。治療期間がかえって長期化する恐れがありますので注意が必要です。
マウスピースの交換時期が遅くなってしまうと、単純にその分治療期間が長くなってしまいます。
主治医が伝える交換時期をしっかり守ることで効率的な治療期間で治療を終えることができます。
決してご自身でマウスピース(アライナー)の交換時期を変えないようにしてください。

当院では、全体矯正を可能にするインビザライン コンプリヘンシブ、前歯のみの部分矯正に対応するインビザラインgoの両方に対応しております。
マウスピース矯正に興味のある方は、岡山市北区北長瀬エリアにあります金山デンタルクリニックへ

関連記事一覧

PAGE TOP